楽天モバイルの解約のタイミングは?確認しておくことや方法は?

2018年1月24日

今回は、楽天モバイルの解約について紹介していきます。

スポンサードリンク

楽天モバイルの解約のタイミングは?

楽天モバイルの解約のタイミングは?確認しておくことや方法は?

何事も解約したいと思った時に解約が出来るのが一番良いのですが、タイミングいよって余計な費用が発生することがあります。

楽天モバイルの解約金について

楽天モバイルの解約金の額は、契約プランで違います。

楽天モバイルの解約金(契約解除手数料)

▼通話SIM▼
コミコミプラン:¥12,000
買いテキ!通販ツウ特別プラン:9,800

▼データSIM▼
050データSIM
各種キャンペーン申込み:9,800

楽天モバイルの解約と最低利用期間

余計な費用を掛けずに楽天モバイルを解約するタイミングは、最低利用期間を終えた月からです。

楽天モバイルの解約のタイミングは?確認しておくことや方法は?

この“最低利用期間”も、契約プランで違うので必ず確認して下さい。

例えば通話SIMのコミコミプランなら最低利用期間が24ヶ月で、この期間以内に解約すると¥12,000の解約金が発生します。

通話SIMの場合、最低利用期間が短くても12ヶ月です。

詳しい解約金額や最低利用期間ついては楽天モバイル公式HPから確認出来ます。

Check>>>【楽天モバイル公式HP】楽天モバイル解約に関しての詳細

楽天モバイル 解約の締め日

解約手続きをしてすぐに解約出来るわけではありません。

楽天モバイルの解約締日は毎月15日になっており、当月16日~翌月15日までに解約手続きをすると、翌月末日に解約となります。

例)3月16日~4月15日に解約手続き ⇒ 4月30日が解約完了日

解約手続きをするタイミングによっては、翌月分の利用料金も支払わなくてはいけなくなるので、何だか損した気分になります。

最低利用期間や解約締日を考慮すると解約手続きのタイミングは、最低利用期間を終えた月の1~15日までとするのが妥当でしょう。

ただし、15日ギリギリに手続きをして手違いなどがあれば、当日に終わらない場合もあります。

そのため解約手続きは、ギリギリにならないように1週間程度余裕を持たせた方が安全です。

また、早めに解約手続きをしても、月末までは楽天モバイルが使えるので安心して下さい。

MNPで他社へ乗り換える場合は、乗り換え先のSIMでスマホ開通した日が解約完了日及び解約月になります。

この場合、解約手続きのつもりでMNP転出手続きして、楽天モバイル解約月の翌月に乗り換え先でスマホを開通すると、その月も楽天モバイルから請求が来るのでご注意ください。

楽天モバイルの解約で確認しておくことは?

楽天モバイルの解約月を決めたら、乗り換え先でいつスマホを使い始めるかを決めないといけません。

ご存知の方も多いと思いますが、多くの通信事業者はオプションなどは別として、料金の日割り計算をしていません。

そのため、解約月に乗り換え先でスマホを開通すると利用期間に関係なく二重で1ヶ月分の利用料金の請求が来ます。

こうした余計な費用を避けるために、乗り換え先での利用開始日を解約月の翌月初めに設定する方が、多いと思います。

費用節約を優先するなら、このように二重請求を防ぐために解約月の翌月初めにスマホを使い始めるのが良いでしょう。

スポンサードリンク

しかし、この方法のデメリットは、スマホ開通を解約月の翌月1日の最速開通にしても、解約から新しいSIMが届くまで少なくとも1日程度はスマホを使えなくなることです。

もし、スマホが使えない状態をなくすなら、二重請求を覚悟の上で解約月に乗り換え先スマホを開通出来るように手配しておくしかありません。

二重請求と言っても2社とも格安SIMであれば合わせても、大手キャリアの1ヶ月分の利用料金と同程度に収まる程度です。

運よく日割計算や初月無料キャンペーンをしている会社があれば、この二重請求とタイムラグ問題を同時に防げます。

解約月に新しいSIMが届くまで楽天モバイルを使って、新しいSIMが届いたら開通して費用も節約出来れば理想です。

また、同じ要領で通常は二重請求になるMNP乗り換えにも役に立ちます。

楽天モバイルの解約で使えなくなるオプション

楽天モバイルを解約することで、使えなくなるサービスがあります。

例えば、SNSなどの登録に楽天メールのアドレスを利用していた場合は、登録情報を解約完了日までに変更するなどしないとメールが受け取れなくなります。

そのため、楽天モバイルの解約で使えなくなるサービスを把握しておき、必要なら可能なものはバックアップを取るなどの対処を取っておきましょう。

楽天モバイル解約後に利用出来なくなるオプション・サービスの例

  • 楽天メール(@rakuten.jp)
  • 楽天マンガ月額500コース by楽天モバイル
  • 端末補償(保証)サービス
  • データシェア
など

次の通信事業者でも同じ電話番号を使う場合は、MNP転出の手続きを行わなければいけません。

多くの通信事業者は、契約の時に「MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていること」を条件に掲げています。

MNP予約番号の有効期限は、予約した日を含めて15日間なので、乗り換え先への申込み予定日から残日数を逆算して発行しましょう。

楽天モバイルの場合は、MNP予約番号の発行に2日ほど掛かるようです。

楽天モバイルの解約の方法は?

楽天モバイル解約方法についてですが、通話SIMが電話、データSIM(050データSIM含む)とMNP予約番号を発行する場合が会員サポートページからの手続きとなります。

楽天モバイル 通話SIMの解約方法

楽天モバイルの通話SIMを解約するには、楽天モバイルカスタマーセンターに連絡します。

オペレーターまで、中々繋がりにくいと評判なので、ギリギリの日程ではなく、少し前倒しをし、余裕を持って連絡した方が良いようです。

解約手続きに用意するのもの

  • SIMカード台紙裏面に記載されている15桁のSIM番号
  • 契約中のSIM電話番号
▼連絡先▼
カスタマーセンター 

TEL:0800-600-4444

通話料無料/携帯電話・PHSからもOK

受付時間 : 9:00 – 18:00 年中無休

楽天モバイル MNP予約番号を発行して解約

MNP予約番号を発行して解約する場合は、楽天モバイルの会員サポートページ「メンバーズステーション」から手続きをします。

楽天モバイル データSIMの解約方法

楽天モバイルのデータSIM(050データSIM含む)の解約は、楽天モバイルの会員サポートページ「メンバーズステーション」から行います。

まとめ

楽天モバイルの解約のタイミングは?

  • 最低利用期間を終えた月の1~15日
  • 15日ギリギリより日程に少し余裕を持つのが無難

楽天モバイルの解約で確認しておくことは?

  • 乗り換え先の開通のタイミング
  • 楽天モバイルの使えなくなるサービス

楽天モバイルの解約の方法は?

  • 通話SIMは電話、データSIMとMNPでの解約はWEB
スポンサードリンク